別荘オーナー様へ

HOME > バケーションレンタル事業を始めたい事業主様へ(別荘、マンション、古民家、町家などを有効活用したい事業主様へ)

あなたの地域で別荘・マンション・古民家を運用しませんか?


私たちは、定期借家によるバケーションレンタル事業のノウハウを提供します。

ロングステイジャパンでは、沖縄で2008年に創業した沖縄ロングステイでのバケーションレンタル事業の経験とノウハウを生かし、日本各地、世界各地でバケーションレンタル事業を行いたいという事業者、個人に対してノウハウを提供し、送客の支援、予約受付の支援等を行うサービスを行います。

利用していない部屋を運用、貸し出す3つのメリット


別荘やマンション、古民家、町家を弊社のサービスで運用することで、3つのメリットがあります。


1、利用しない期間に収益を上げることが出来ます。

お持ちの別荘やマンション、古民家、町家を、ロングステイしたい顧客に貸し出して収益を上げませんか?
オーナー様が利用されない期間、長期滞在したいお客様に貸し出すことで、一定の収入を得ることが出来ます。
もちろん、オーナー様が利用したい期間を優先して、貸し出すことも可能です。
お部屋やオーナー様の利用頻度等にもよりますが、稼働率は50%~100%、年間50万円~200万円の収入を得ることが出来ます。


2、節税対策になります。

別荘として持っているだけだと、経費で落としたり、損益通算等ができませんが、別荘をバケーションレンタルの運用を主目的とされる場合は、さまざまな費用を経費として落とす事ができます。(共益費、光熱費、原価消却分、固定資産税等の税金、現地への契約、視察の経費)かかった経費は、他の収入と損益通算もでき節税対策になります。また、法人購入の場合では、購入時の建物部分に含まれる消費税分が、還付の対象となります。別荘として、使うだけでは、経費として何も落とせませんが、運用をするというだけで、初期費用で100万〜200万、毎年50万〜100万の節税効果が生まれます。詳しくは、皆様の会計士や税理士にお問い合わせください。


3,お部屋をきれいに維持、管理することが出来ます。

長期間使用しない部屋は痛みが早くなります。窓を閉め切った状態が続くと建物の大敵である湿気がこもり、カビが発生しやすくなります。常時使用していない建物は傷みが早く寿命も短くなってしまいます。それを防ぐには人が住む、利用するのが一番です。人が出入りすることで空気の入れ替えや清掃が行われ、お部屋を良い状態に保つことができます。
また、ロングステイ顧客の宿泊後はもちろん、長期滞在中も定期的に清掃に入り、お部屋をきれいに管理いたします。


お問い合わせはこちらから >>


別荘の留守宅管理、清掃サービス

人には貸したくないけど、留守宅管理はしてほしい。そんなオーナ様向けのサービスもございます。
対象地域は、北海道、沖縄、軽井沢、ハワイ、ゴールドコースト、セブ、マレーシアです。

【定期通風サービス】
月額 5,000円
月2回の換気、60分以内の簡易清掃(カビが発生しているときはその対策)排水溝のにおい対策をします。
※希望される方には、郵送物送付サービス、台風対策など各種サービスもございます。

【清掃サービス】 
『別荘に遊びに来ても清掃からはじまって、帰る時も清掃で時間と手間がかかる
というお悩みをかかえるオーナー様も多いです。
弊社では、オーナー様が来られる前、滞在中、帰られた後等、オーナー様のご希望に応じて
清掃サービスを行います。




売買物件のオーナー

売却が決まるまで貸出しをしませんか?

売却予定の物件を、売却が決まるまでロングステイとして貸出しをするのはいかがですか?定期借家として貸出しをするので、売却に支障をきたすことはありません。また購入予定の人もテストで滞在してみて、納得して購入することができます。別荘として購入される方は、引き続き、ロングステイとしての運用も可能で収益を得ることができます。




別荘交換サービス

2015年、弊社では、オーナー同士の別荘交換のサービスを行います。
弊社の会員となったオーナー同士で、別荘の交換を行い、ポイントでその
利用分を支払う仕組みです。オーナー様は、直接、利用する相手がわかり、
交流を持つ事も可能です。単純に2LDKの部屋同士で1週間、交換をする場合、
双方は、無料で別荘交換を行う事ができます。